顎関節症は悪い噛み合わせが原因なの?

Pocket

顎関節症に悩んでいても、原因が特定できずに放置している人が少なくありません。
そこで顎関節症の原因についてですが、最も多いと言われているのが噛み合わせの悪さです。
人間の歯と顎は上下左右でしっかり噛み合わせるようになっており、毎日の食事などでダメージが伝わることを防ぐ仕組みになっています。
つまり、噛み合わせに問題が無ければ、顎関節症のリスクは少なくなるのです。

ただし、ほんのわずかな噛み合わせがずれているだけでも、顎関節症の危険性は高まってしまいます。
理由としては、少しでも噛み合わせがずれていると、次第に顎関節に負担が蓄積してしまうためです。
食事や会話など顎を使う機会は多いため、小さな噛み合わせの綻びだけでも顎関節症の原因になってしまいます。

このように顎関節症は噛み合わせの悪さが原因になることが多々あります。
なるべく早めに完治を目指すためにも、顎関節症の兆候があれば診療を受けるようにしましょう。

This entry was posted in 悪い噛み合わせの疑問点. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found