顎関節症は早めに治そう! 

Pocket

顎関節症の自覚症状があるようなら早めの治療に踏み切りましょう。
もし治療せずに放置しておくと悪化する一方だからです。
顎関節症になると毎日のように額関節が磨耗してしまいますから、さらなるリスクを背負うことになってしまいます。
特に顎を動かした際に異音がするようなら、関節に負担が掛かっている可能性があります。
最悪のケースでは痛みに変わってしまいますので、自覚症状が少ないうちに完治を目指した方が良いでしょう。
顎関節症の治療の過程で不安に感じる部分があれば矯正できます。
例えば歯並びの悪さが顎関節症の原因になっているようなら、顎関節の負担を減らすために歯並びを矯正するべきです。
顎の位置だけではなく噛み合わせも治療できるので、顎の痛みを事前に予防することにも繋がります。
顎関節症は症状が進行すると辛い痛みも伴ってしまいます。
もし顎を動かした時に痛みがあるようなら、なるべく早めの治療を受けるようにしてください。

This entry was posted in 悪い噛み合わせの疑問点. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found