噛み合わせが悪いままだとどうなる?

Pocket

噛み合わせが悪いまま放置しておくと様々な弊害を生んでしまいます。
まず噛み合わせが崩れてしると顎への悪影響が現れます。
毎日のように食事をしているので噛み合わせる度に顎のバランスが崩れていき関節も磨耗してしまうからです。
このようにダメージが蓄積していくと顎関節症の原因となり、やがて顎周りに痛みを感じてしまいます。
噛み合わせが悪いだけでは痛みは生じませんが、顎関節症になると慢性的な痛みや違和感を生じてしまうので注意が必要です。
また、噛み合わせが悪いと全身に影響が及んでしまいます。
噛み合わせを司る顎関節は身体のセンターラインにある頚椎とも連動しているためです。
つまり、悪い噛み合わせが全身のバランスを崩して悪い影響を与えてしまうのです。
これらの症状は知らず知らずのうちに現れますので噛み合わせが原因だと気付きにくいと思います。
少しでも噛み合わせに不安を感じるようなら予防も兼ねて早めの治療を行いましょう。

This entry was posted in 悪い噛み合わせの疑問点. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found